このページの本文へ移動

出雲ガスについて

沿革

1958 年 (昭和 33 年) 上水道事業を市に移管し、社名を「出雲ガス株式会社」と改め、ガス事業を開始 (資本金 5,000 万円)
1959 年 (昭和 34 年) ガスの供給を開始 (水平レトルト式石炭ガス発生装置)
1960 年 (昭和 35 年) プロパンガス (液化石油ガス) 販売事業を開始
1965 年 (昭和 40 年) BG 式 (部分燃焼方式ナフサガス発生装置) 導入
1971 年 (昭和 46 年) OG 式 (サイクリック式ナフサガス発生装置)、熱量変更 (4B → 5B)
1973 年 (昭和 48 年) 熱量変更 (5B → 5C)
1977 年 (昭和 52 年) 中圧仕様輸送導管敷設
1981 年 (昭和 56 年) 都市ガスの原料転換 (ナフサ → ブタン)
1983 年 (昭和 58 年) ポリエチレン管を導入
1994 年 (平成 6 年) プロパンガス需要家 2,000 件を達成
1996 年 (平成 8 年) 資本金を 8,000 万円に増資
1997 年 (平成 9 年) 高力ロリープラント (P13A ガス発生装置) 2 基完成
地震計設置と地震等緊急時措置ブロック化
1998 年 (平成 10 年) 都市ガス熱量変更 (5C → 13A)(中国地方熱量変更共同化事業)
2001 年 (平成 13 年) 都市ガス需要家 5,000 件を達成
2007 年 (平成 19 年) 新社屋・工場完成、プロパンガス需要家 3,000 件を達成
2008 年 (平成 20 年) 新工場より天然ガス供給開始、創業 50 周年、本社移転
2012 年 (平成 24 年) 2 月 液化天然ガス貯槽 300KL 増設