このページの本文へ移動

お知らせ

ガス給湯器の凍結について

凍結したら…
給湯器からお湯も水も出なくなってしまったら、給湯機器や配管が凍結している可能性があります。
冬期、とくに気温が下がる夜間や早朝には注意が必要です。
もし凍結してしまったら、気温が上昇して自然に解凍するまで待つことをおすすめします。


< ガス給湯器の凍結予防方法 >
  1. リモコンの運転スイッチは「切」にして、ガスが点火しないようにします。
    (給湯器の電源プラグは抜かないでください。給湯器本体内の凍結防止ヒーターが作動しなくなります。)
  2. 給湯カランから、少量の水を流したままにします。(リモコンが設置していなくても同様です)

ガス給湯器メーカー様ホームページにて予防・対処方法について掲載しておられますので、ご参考ください。
なお、凍結による給湯器の故障については、保証期間内であっても有償修理となりますのでご了承ください。